top of page

その練習の先には??

こんにちは(^ ^)


GOOD FEEL MUSIC SCHOOLボーカルインストラクターのosamuです♫


だんだんと夏に近づいてきたような暑さになってきてるような、、、、、



得意じゃないです(笑)



それはいいとして(笑)

あなたは漠然とレッスンを受けていたり”こなしていたり”するような状態になっていませんか???


それってレッスン受けている意味あるかな??、、、、、


先生から言われたことにしっかり答えようとすることは大切だし、それがうまく体に作用している状態だったらいいでしょう。


でも”こなしている”だけの状態だったら効果はグンッと落ちてしまうかも、、、、、


ましてや自分が今何を先生から求められて何に向かって進んでいるか分かっていなかったら自主練なんて出来なくないですか???


歌のレッスンは月に1~2回スクールへ来て終わりではなく”それ以外(個人での自主練)”でしっかり定着していきます。


スクールは自分の今の状態の確認や修正、新たな課題を発見する場所と思ってもいいかも???


・弱々しい声で歌ってしまう

・大きい声でしか高い声を出せない

・裏声が綺麗に出ない

・細かい動きがあるフレーズがうまく歌いこなせない

・低い声、高い声はなんとなく出るが真ん中の高さがうまく出せない

・そもそも高い声が出ない


などなどあげればキリがないですが個人個人色んな悩みがあるともいます。


トレーナーの方達はそこを改善すべく様々な角度から生徒のみんなにレッスンされています。


生徒は習う立場ではありますが、先生と対等の位置で


何故そのエクササイズをしているのか?

自分の今の課題はなんなのか?

気をつけるべきことはあるのか?

このエクササイズがうまくいくと次はどこにいくのか?


どんどん疑問に持つべきだし聞いていいと思います。


そうする事によって先生に依存しすぎる環境からも脱出でき、自分の体の舵を次第に握れるようになるかもしれないですよ(^ ^)


より良い歌声に近づけますように(^ ^)♫




コメント


bottom of page